弁護士費用

弁護士費用に関する説明

弁護士に支払う費用としては、法律相談料、書面による鑑定料、着手金、報酬金、手数料、顧問料、日当があります。当事務所では、日本弁護士連合会が定めていた旧報酬等基準規程(現在では廃止されています)に準じた弁護士報酬基準を定めていますが、事件の内容(当事者間の争いの程度や難易度の違い)で、必要となる費用が変わってきますので、個別にご相談ください(別途、消費税がかかります)。また、収入印紙代、郵便切手代、謄写代、交通通信費その他委任事務処理に要する実費等もご負担いただくことになります。

 

法律相談料

依頼者に対して行う法律相談(口頭による鑑定・電話による相談を含む)の対価を言います。

 

書面による鑑定料

依頼者に対して行う書面による法律上の判断又は意見の表明の対価を言います。

 

着手金

事件または法律事務の性質上、委任事務処理の結果に成功不成功があるものについて、その結果いかんに拘わらず、受任時に受けるべき委任事務処理の対価を言います。

 

報酬金

事件又は法律事務の性質上、委任事務処理の結果に成功不成功があるものについて、その成功の程度に応じて受ける委任事務処理の対価を言います。

 

手数料

原則として1回程度の手続き又は委任事務処理で終了する事件又は法律事務についての委任事務処理の対価を言います。

 

顧問料

契約によって継続的に行う一定の法律事務の対価を言います。

 

日当

弁護士が、委任事務処理のために事務所所在地を離れ、移動によってその事件又は法律事務のために拘束されること(委任事務処理自体による拘束を除く)の対価を言います。